スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)

 浅井達也さん70歳(あさい・たつや=シナリオライター)27日、肝不全のため死去。葬儀は6月1日午前11時、東京都渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場。喪主は妻登美子(とみこ)さん。

 映画「野良猫ロック 暴走集団 ’71」、テレビドラマ「大都会PART3」「西部警察」などの脚本を担当した。

<糖尿病>学会が新診断基準決める 確実に早期発見しやすく(毎日新聞)
名古屋場所、組幹部観戦に親方2人が便宜(読売新聞)
和子牛競り、搬入車に消毒剤…但馬牛産地でも(読売新聞)
330m引きずられ死は70歳 逮捕トラック運転手「衝撃あった」(産経新聞)
議員歳費を2割減=民主、参院選公約で検討(時事通信)

小中生の携帯、閲覧制限3割つけず…「親は信頼」(読売新聞)

 日本PTA全国協議会は13日、「子どもとメディアに関する意識調査」の結果を公表した。

 昨年4月に有害サイト規制法が施行され、18歳未満の携帯電話にフィルタリング(閲覧制限)機能をつけることが電話会社に義務づけられたが、小中学生の3割が機能のない携帯電話を使っていることがわかった。

 調査は昨年末、全国の小学5年、中学2年とその親計9600人を対象に実施。携帯電話の所持率は小5が20%、中2は42%と前年度とほぼ同じだった。

 子供に持たせた携帯電話に閲覧制限の機能をつけていた親は、前年度から1年で13ポイント増えたものの70%にとどまり、28%が有害サイトを閲覧できる状態にあった(残る2%は無回答など)。

 子供の希望で機能を解除した親も4%いた。つけていない理由で最も多いのは、小中とも「子どもを信頼しているから」で、中2では6割近くを占めた。新規の購入では携帯電話会社が使用者を聞いた上で、閲覧制限機能をつけるが、法の施行以前に契約された電話は親が申し込みをしなければならない。

 同協議会は「普及を呼びかけてきたが、まだまだ率が低い。さらに啓発活動に取り組んでいく」としている。

中小企業の健保負担 大企業“肩代わり” 改正法成立(産経新聞)
B型肝炎訴訟和解協議 「命削る叫び聞いて」 原告団、早期救済訴え(産経新聞)
普天間で首相と意見交換=鈴木宗氏(時事通信)
高齢男性の独り暮らし急増、孤立化の懸念も(読売新聞)
振り込め詐欺「手渡し型」が横行 神奈川(産経新聞)

<三菱UFJFG・米モルガン>業務提携拡大へ 両社長会見(毎日新聞)

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)の永易克典社長と米証券大手モルガン・スタンレーのジェームス・ゴーマン社長が12日、共同会見し、1日の日本での証券業務の統合を皮切りに、米国でのリテール(小口取引)業務など各分野に業務提携を拡大し、戦略的関係を深める考えを強調した。

 永易社長は、海外で協調融資など約100件の大型案件を成約するなど、モルガンとの提携効果が上がっていることを強調。「商業銀行として一流の三菱UFJFGと投資銀行として一流のモルガンが組むことで、巨大なビジネスチャンスが生まれる」と述べ、今後は米国でのリテール業務などでも業務提携する考えを示した。ゴーマン社長も「短期の利益追求でなく、長期的な戦略関係を築くことが重要」と指摘。モルガンが米検察の捜査を受けたとの米報道については「そのような事実はない」と否定した。

 三菱UFJFGは08年10月、金融危機で苦境に陥ったモルガンに約90億ドルを出資。今月1日には日本での証券業務を統合し、両社が出資する新会社2社を設立した。【大久保渉】

<日航機>大阪空港着陸時に尻もちで火花 けが人なし(毎日新聞)
13年までに「国民ID制」導入=法制整備も明記−IT戦略本部(時事通信)
移設案、沖縄再訪時に説明=与党幹部(時事通信)
被爆者、NY40か所で「黒い雨」など体験語る(読売新聞)
<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)

<核密約>岡田外相、佐世保で謝罪(毎日新聞)

 岡田克也外相は24日、米海軍佐世保基地がある長崎県佐世保市を訪れた。市役所で朝長則男市長と会談し核密約問題について「国として市に不誠実な対応をしてきた。心からおわびしたい」と謝罪した。市と議会が核持ち込みの有無など質問書を外務省に提出していたことに応えた。

【関連ニュース】
日米行政協定:米兵犯罪の裁判権放棄 「密約文書あった」
普天間移設:5月末決着…米大統領への首相の直談判不発
岡田外相:核持ち込み密約 横須賀市長に直接謝罪
密約開示判決:「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調
沖縄返還文書訴訟:岡田外相「控訴の可能性」

もんじゅ再開「遅滞なく前向きに」=文科、経産相と会談で−福井県知事(時事通信)
<赤ちゃん置き去り>大学病院トイレに 愛知・豊明(毎日新聞)
「両さん」像壊される=東京・亀有、「残念」と商店街−器物損壊で捜査・警視庁(時事通信)
<口蹄疫>1週間さかのぼり調査へ 農水省(毎日新聞)
6月13日にはやぶさ帰還=豪州砂漠でカプセル回収−宇宙機構(時事通信)

<口蹄疫>さらに6頭に感染の疑い 宮崎(毎日新聞)

 宮崎県都農町の肉用和牛繁殖農家で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いが強い母牛3頭が見つかった問題で農林水産省と宮崎県は21日、この農家から南に約3.4キロ離れた川南町の畜産農家の乳牛と和牛6頭も感染の疑いが強いと発表した。感染が疑われる県内の牛は9頭になった。

 酪農・肉用牛の複合農家で、乳牛37頭、黒毛和牛、交雑種各14頭の計65頭を飼育している。県によると20日朝、獣医師を通じて宮崎家畜保健衛生所に、都農町の事例と同じように6頭がよだれやかいようの症状を示していると通報があり、動物衛生研究所での検査の結果、感染の疑いを確認した。県は65頭すべてを殺処分し、消毒などの防疫措置を取り、移動・搬出制限区域も設定する予定。【石田宗久】

【関連ニュース】
<関連記事>口蹄疫:1週間さかのぼり調査へ 農水省
<関連記事>蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
<関連記事>わかる:宮崎・牛口蹄疫疑い 風評被害防止に懸命 産出額全国3位の畜産県
<関連記事>宮崎・口蹄疫疑い:半径10キロを移動制限 農水省と宮崎県 国産牛と豚の輸出停止も
<関連記事>ニュースな言葉:口蹄疫

鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」(産経新聞)
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷−東京(時事通信)
時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定(産経新聞)
各閣僚「鳩山首相支える」=普天間で進退論を否定(時事通信)
四国4知事が上限料金制の本四道路割高に反発 民主に要望「全国一律に」(産経新聞)

小沢流「引き締めの儀式」 両親偲ぶ会に2500人(産経新聞)

 ■「お決まり手法」議員参列わずか

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、地元の岩手県奥州市の水沢体育館で、両親の故小沢佐重喜元衆院議員、みち氏の「偲(しの)ぶ会」を開いた。参列者は元側近の達増拓也岩手県知事や後援会幹部、系列県議ら約2500人にのぼった。今年は小沢氏の両親の年忌法要の時期とは異なっており、時期はずれの大法要は7月の参院選に向けて、後援会をはじめ県内の各種団体・組織の「引き締めの儀式」(幹部)と受け止められている。

 「最後の総仕上げのつもりで、残りの人生を頑張ってまいりたい。もうしばらく皆さんのお力添えを賜りたい」

 大きな両親の遺影が掲げられた水沢体育館。黒い礼服姿が目立つ地元自治体の首長や後援会幹部らに対し、小沢氏は数珠を手に謝辞を述べ、一度だけ目頭を押さえるしぐさをみせた。

 小沢氏はこの時期に法要を開催した理由について「仏さんには勘弁してもらい、政権を取ってから(供養を)と思ってきた」と説明したが、単なる法要と受け止める向きはごくわずかだ。

 小沢氏の元側近の一人は「案内を出さなくても誰が来ようとするかを見て、忠誠心をはかろうとしたのではないか。田中(角栄元首相)・竹下(登元首相)時代からのお決まりの手法だ」と解説する。

 ただ法要は事前に大きく報じられたため、国会議員での参列は夏の参院選で改選を迎える工藤堅太郎、主浜了両参院議員ら県選出議員のほか、東祥三衆院議員(東京15区)のみにとどまった。「案内がなくても行くしかない」と話していた若手も参列を見送った。

 小沢氏をめぐっては、資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、党幹事長辞任を求める党内外の声が収まる気配がない。

 検察審査会が近く、東京地検が2月に小沢氏を不起訴処分とした是非についての判断を下すとの観測も伝えられ、「起訴相当」の判断が出れば小沢氏への不満が一気に爆発する可能性もある。

 小沢氏は最近、メールマガジンで、党員・サポーター登録の呼びかけを配信した。このことも党内で憶測を呼んでいる。内閣支持率が低下しても「世論調査は当たったことがない」とうそぶく小沢氏だが、「偲ぶ会」やメールマガジンの反響を通じて、「彼なりに有権者の反応を探ろうとしているのだろう」(中堅)と受け止められている。

アリタリア航空が再開=南回りルート、外国人客で満席−成田空港(時事通信)
セフカペン製剤の特許訴訟で勝訴―沢井製薬(医療介護CBニュース)
パトカーと軽衝突、女性骨折=群馬(時事通信)
<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)
田辺三菱に25日間の業務停止命令(医療介護CBニュース)

舛添、東国原氏あす会談(時事通信)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は14日午前、国会内で記者団に対し、東国原英夫宮崎県知事と15日に都内で会談すると明らかにした。地方活性化について意見交換するのが目的だが、夏の参院選に向けた対応も話題になるとみられる。
 舛添氏は橋下徹大阪府知事に「大阪経済特区構想」を持ち掛けるなど、知名度の高い知事らとの連携に意欲を示している。こうした行動が、舛添氏は新党も視野に入れているとの憶測を呼んでいるが、同氏は「あらゆる可能性はすべてオープンだ。わたしのスタンスは1ミリもぶれていない」と強調。インターネット上に「政策を集大成して、国民に信を問いたい」と記したことについては、「一つの政策集をまとめる作業をしている」と語った。 

【関連ニュース】
舛添氏との連携を否定=橋下大阪知事
平沼新党「敬老会みたい」=東国原知事
「橋下新党」へ新会派発足=22人が参加
「国歌、歌うのは義務」=新採職員に訓示
市町村への権限移譲、26%どまり=首相「非常に不十分」

個人情報5人分 ケアマネが紛失(産経新聞)
止まらぬ橋下vs井戸、座長は「じゃんけんで決定?」 3空港懇(産経新聞)
平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」「期待していない」(産経新聞)
3邦人死刑に懸念=社国幹事長(時事通信)
ペット投棄の元町議、飼い主に別の骨渡す(読売新聞)

<掘り出しニュース>成田のキャラ「うなりくん」に住民票 市長も「癒やされる」と絶賛(毎日新聞)

 【千葉】全国から寄せられた1500点以上の応募アイデアの中から選ばれた成田市の観光キャラクター「うなりくん」に、特別住民票が交付された。成田市民に仲間入りしたうなりくんは、手足をばたつかせてご機嫌の様子。市は同時に、成田のPRにも一役買ってもらおうと、特別観光大使にも任命した。

 うなりくんは、成田空港を表す飛行機と、名物のウナギを掛け合わせて誕生したキャラクター。体は青と白の2色ですがすがしく、胸には「成田」の文字が刻まれている。公式プロフィルによると、宇宙から飛来し、着陸した成田の暮らしやすさを気に入り、住み着いたという。成田の祭りが大好き。

 小泉一成市長は「ウナギのようにつかみどころのない部分もあるが、うなりくんを見ていると疲れが和らぎ癒やされる。新しい成田の顔として頑張ってもらいたい」と活躍を期待する。10日から始まる成田太鼓祭で市民や観光客の前にデビューし、これが観光大使としての初仕事となる。【斎川瞳】

【関連ニュース】
著作権侵害容疑:「桃太郎電鉄」キャラ無断使用で書類送検
ゆるキャラまつり:130体が「ひこにゃん」の彦根に大集合!海外からも初参加 25日まで

与謝野新党 「第三極」狙いに憶測 みんなの党打撃? 小沢氏の影?(産経新聞)
30、40代女性の「喫煙率」 なぜ上昇気味なのか(J-CASTニュース)
アパートの強度偽装、事前にばれて建築されず(読売新聞)
<転落>弟が海に 助けに飛び込んだ小5男児死亡 佐賀(毎日新聞)
「無人島の公衆電話」が受賞=パン製造のアンデルセンが童話のメルヘン大賞−広島(時事通信)

足利事件 捜査検証報告書を公表 DNA型鑑定を過大評価(毎日新聞)

 警察庁は1日、足利事件の警察捜査についての検証報告書を公表した。冤罪(えんざい)を生んだ最大の問題点として、精度の低い当時のDNA型鑑定結果の過大評価を挙げ、誤った先入観を持った取り調べで菅家利和さん(63)を虚偽の自白に追い込んだと認めた。また供述や証拠を吟味して捜査の方向性を決める立場の捜査主任官が取調官を兼務する異例の態勢だったため、チェック機能が働かなかったことも明らかにした。

 警察庁は(1)特性に応じた取り調べ(2)供述の吟味−−を明記して、現行の犯罪捜査規範を改正する。また、捜査本部事件で捜査主任官を補佐し、自白の信用性をチェックする専従担当を設けるよう都道府県警に指示する。

 報告書によると、当時のDNA型鑑定を使った場合の同一人物の出現頻度は1000人に1.2人で、当時主流だった血液型鑑定(10人に2.2人程度)と比べて精度が高かったため、鑑定結果を過大に評価した。逮捕までの約1年間の行動確認で小児性愛を裏付ける行動が確認できないなど、当初から犯人性を疑わせる要素はあったのに、鑑定結果に終始とらわれ続けた。

 暴行や供述の誘導は否定したが、菅家さんが取調官に迎合して供述した可能性への留意が欠けていたとも指摘。犯人でなければ一貫して自白するはずがないと思い込み、供述のあいまいさ、不自然さを時間の経過による忘却と安易に判断した。

 捜査指揮の点では、栃木県警捜査1課警部に捜査主任官と取調官を兼務させた点を問題視。正対して絞殺すれば首の前後につく跡が首の側面にあった▽犯行後立ち寄ったとされるスーパーに購入記録がない−−など、自白の裏付けはほとんど取れなかったが、菅家さんや目撃者の記憶が劣化したためなどと判断、吟味が不十分だった。

 一方、DNA型鑑定は定められた手順で行われ失敗ではないと強調。そのうえで(1)ネガフィルムを紛失(2)プリントした画像解析結果の一部が不明−−など鑑定記録の保管のずさんさを挙げ「十分な検証ができず、適切に行われたとまでは言えない」と結論づけた。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
足利事件:菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ
足利事件:「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で
足利事件:菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念
足利事件:菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で
足利事件:「冤罪の構図」解明は? 26日に再審判決

送迎バス 壁に衝突し炎上 運転手死亡、10人軽傷 大阪(毎日新聞)
<NTTドコモ>スマートフォン「エクスペリア」 1日発売(毎日新聞)
「冷泉家 王朝の和歌守」展 京都文化博物館 日本人の美意識に触れる(産経新聞)
死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)
元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士−明石歩道橋事故(時事通信)

亀井氏が前田日明氏への出馬要請認める(スポーツ報知)

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革相(73)は26日午前の記者会見で、元格闘家の前田日明氏(51)に参院選東京選挙区の公認候補として、出馬要請をしたことを明らかにした。

 亀井氏は前田氏と25日に大臣室で約1時間会談。その席で「お前はナイスガイ!」と絶賛したという。昨年12月に民主党の比例代表候補に内定したが、政策や選挙資金の問題などで同党からの出馬を断った前田氏を「民主党、小沢(一郎)幹事長をひっぱたいて来たって言うから、評価すると(本人に)言った。気合の入った政治家になるよ」と評価し、興奮気味にまくしたてた。

 前田氏は、永住外国人への地方参政権に反対する国民新党の政策に同調しているという。要請を受けた前田氏は、近日中にも出馬問題の結論を出す見通し。

 【関連記事】
国民新党の亀井氏がプロレスラー・西村修氏の擁立発表
亀井氏が西村氏に期待…肉体的・精神的タフさを評価
亀井氏が追加経済対策を要請
国民新党が前田日明氏擁立検討
国民新党 亀井静香 前田日明 を調べる

足利事件無罪、裁判長の謝罪の言葉=全文(読売新聞)
東九州道工事、橋にひび割れ=取り壊し再建造へ−宮崎(時事通信)
小中高生の万引防止 公立校に教材配布へ(産経新聞)
<広島市>議会が五輪関連予算全額削除の修正案可決(毎日新聞)
<広島市議会>五輪の予算を削除 特別委で可決(毎日新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
出会いランキング
レンタルサーバー 格安
クレジットカード現金化
レンタルサーバー 比較
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
  • <訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
    AtoZ (08/27)
  • <訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
    豚村 (06/12)
  • <訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
    ふにゃバット (06/02)
  • <訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
    ジェームズ (05/12)
  • <訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
    志波康之 (01/14)
  • <訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • <訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/04)
  • <訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
    タンやオ (12/31)
  • <訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
    こういち (12/26)
  • <訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
    きんちゃん (12/16)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM